本文へスキップ

マイホームの新築時に気をつけておきたい注意点

電気について 

「3路スイッチは多いほど良い」

説明図

3路スイッチという便利なスイッチがあります。
普通のスイッチは一つ又は複数の照明を1ヶ所のスイッチでON-OFFするのですが、この3路スイッチは2ヶ所のスイッチでON-OFFできるというものです。
よく階段などで使われていて、1階のスイッチで階段照明を点け、階段を上り2階にあるスイッチで消すというように使われますのでご存知かと思いますが、どちらのスイッチからでも照明をON-OFFできるので、とても便利なスイッチと言えます。

このように大変便利なスイッチだけに、電気設備の打ち合わせなどでは、いろんな箇所に設置を勧められる事も多い事でしょう。

例えば次のような場所には、よく3路スイッチが勧められます。

◎玄関内の玄関扉すぐ隣と土間から上がったホールの壁につけて玄関照明のON-OFF
◎廊下やホールの各居室の入口部分につけて廊下照明のON-OFF
◎寝室の扉横とベッドサイドにつけて寝室照明のON-OFF
◎リビングの入口とダイニングテーブル脇につけてダイニング照明のON-OFF

どうでしょうか。確かにそれぞれに便利には違いありませんね。

夜帰宅した時に玄関扉を開けてすぐに玄関照明を点け、靴を脱いでホールにあがり、廊下の照明を点けて玄関の照明を消す、そしてリビング入口でリビングの照明を点けて廊下照明を消す、というように生活動線に沿って3路スイッチを配置してやれば大変効率的のように感じますが、本当にそうでしょうか?
3路スイッチをあまり使わない現在の生活でそんなに不便を感じているでしょうか?

さて、この便利な3路スイッチの設置価格は一体いくら位するのでしょうか。

スイッチの場合はスイッチ本体の製品価格とスイッチ回路を組む配線部材価格、そして工事費用の3つから成り立っていますが、一般のスイッチならその材料と工事費を合わせた価格(材工価格といいますが)はおおよそ3,000円程度かと思います。それに引き換え、3路スイッチの場合は一ヶ所辺り8,000円程度。一般スイッチが一ヶ所で済む所を3路スイッチは2ヶ所必要になりますから、その価格差は13,000円にもなります。

これが高いか安いかはそれぞれの価値判断により異なりますのでなんとも言えませんが、特に必要でも無いのに、便利だからといって、いたずらに増やすのは考えものです。

最近は低価格の人感センサー付きの照明器具や人感センサースイッチも数多く出回っていますので、その手のものを採用したほうが却って安くて便利な場合も多いでしょう。

業者から提案される電気設備について、専門家からの提案だからと鵜呑みにしないで、自分の生活する情景を想像しながら、要不要を判断して頂きたく思います。



トップに戻るボタン

contents