本文へスキップ

マイホームの新築時に気をつけておきたい注意点

設計、間取りについて 

「玄関は鬼門を避ける」

説明図

「鬼門」というのは家づくりにおいては北東の方角を指し、家相上は玄関や水廻りを置くことが忌み嫌われています。

若い方は知らない方もいますが、年配の方はほとんど「鬼門に玄関を配置する」事を嫌います。
設計する側も勿論それを承知していますから、予め玄関は鬼門を避けて配置するのが一般的ですが、実は鬼門に玄関を持って行きたくなる事も良く有るのです。

例えば、敷地が東道路に接する場合、素直に玄関の位置を考えれば建物の東側になりますね。
具体的には南東、東、北東のどれかになりますが、南面にはできるだけ居室を持って行きたいので、必然的に東、又は北東にしたくなります。
そして、小住宅の場合は間取りの自由度が限られていますので、家相さえ考えなければ、北東に作るのが一番自然な場合が多いのです。

こういう場合にどうするかというと、実は、鬼門を無視するのが一番。

もともと、鬼門云々という考え方は中国から使わってきて日本に定着したのですが、なんら科学的根拠を持っていません。(北東は寒くて湿気も多く玄関には不適当とかいうこじつけた理屈はありますが、それならばどの部屋ならそういう場所にふさわしいのでしょう)

最近は鬼門の本場の中国でさえも、家づくりに鬼門を気にする人は少ないようです。
となれば、日本以外では「鬼門にしばられて家づくりをする」国は無いのです。

実際に、鬼門を無視して建てている外国の人たちは不幸になり、鬼門を重んじて建てている日本の家に住む人は幸福かというと、そうとばかりは言えませんね。
こう考えると、鬼門についてこだわる事が無意味なのは良く判ると思います。

私も、何十棟も鬼門に玄関がある家づくりをして来ましたが、皆さん幸せに(と言うよりも「鬼門に玄関のない家と比べて統計的有意差が無く」と言ったほうが正確でしょうが)暮らされています。

幸せに暮らせるかそうでないかは、住む人の生き方が決めることであって、決して鬼門や裏鬼門といった家相が決めることではありません。


トップに戻るボタン

contents