本文へスキップ

マイホームの新築時に気をつけておきたい注意点

基礎について 

「基礎のヒビは欠陥」

説明図

最近の住宅の基礎はほとんどが鉄筋コンクリート造で出来ていますが、このコンクリート部分にヒビが入ることがあり、それが強度面の不安をあおり、重大な欠陥ではないかと心配される方も多いのですが、実はほとんどのケースで問題のない事の方が多いのです。

良く見られる基礎のヒビはコンクリートにつきのもの収縮亀裂(一般的には髪の毛ほどの太さであることからヘアークラックと呼ばれれています)が大半なので、ヒビを見つけたからと言って、すぐに欠陥住宅だとして心配する必要はありません。

もちろん、収縮亀裂にしても、有るよりも無いほうがいいわけですので、施工業者もできるだけそういうものが発生し難いように管理するのは当然なのですが、実際はなかなか難しいのが現実です。

ではどの程度のものが収縮亀裂かというと

◎普通の紙(コピー用紙程度)が差し込めないくらいの細いヒビ割れ
◎縦方向のヒビで、長さは基礎の高さ全体まではいかずに途中で終わっている。

つまり、基礎高の途中までで終わっている紙の差し込めない程度の細いヒビはほとんど収縮亀裂だと思います。こんな程度のものなら一軒に10ヶ所あるかないかだと思いますから、気にする必要はありません。
補修する必要もないと思います。

では問題にしないといけないのはどういう物かというと

◎水平方向にはいるヒビ
◎基礎の高さ一杯に同じ太さで走っているヒビ
◎ヒビの隙間から中が見えるようなヒビ
◎異常に数が多いヘアークラック(3ヶ所/m以上とか)

こういうものは構造亀裂といって、原因は地盤強度の不足、荷重集中あるいはそれに耐えられないという基礎設計上のミス、必要なコンクリート強度がでていないという施工上のミス等が考えられますので、しっかりとした調査をして原因を探り必要な対策を取る必要があります。

最近は、基礎のメインテナンス業者が訪問セールスに来て「床下に湿気があり白蟻の恐れがあるので防蟻処理をして換気扇をつけたほうが良い」とか、「床に潜ったら基礎がヒビ割れていて構造上危険だから基礎の補修工事をしたほうが良い」などと不安を煽るような事を言ったりするようですが、そこで指摘されるヒビというのはほとんどが収縮亀裂だと思われますので、不要な工事に大金を費やすことのないよう充分ご注意下さい。


トップに戻るボタン

contents